×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

標準脂肪率(体脂肪率)

体脂肪の役割は、エネルギーの蓄積や体温の維持、など生命維持に必要な成分です。しかし、多すぎると、生活習慣病や成人病などの要因になりますので体脂肪率の高すぎには注意する必要があります。脂肪の種類には2種類あります。@皮下脂肪。A内臓脂肪。皮下脂肪は皮膚に近いところにあり、体温調整(保温)やエネルギーを蓄積する役目があります。内蔵脂肪は、内臓の周りに付く脂肪ですが、多すぎると生活習慣病や成人病に原因になります。反面、栄養を一時的に保存する性格上、合成や分解が頻繁におこなわれています。結果、内臓脂肪は付きやすいが、減らしやすい特徴があります。最近は食生活の変化によって(ファーストフードなど)若い人に内臓脂肪型肥満が増えてきています。標準体脂肪率は、男子は15〜19%、女性は、25%前後が、おおむね標準です。軽い肥満は、男:25%、女性:30%これ以上の数値がでたら・・・緊急対策に取り掛かってください!!

=========================================================== 自宅でできる腸内洗浄 腸内洗浄が自宅で簡単にできます! 腸の不要物や老廃物を流してスッキリ爽快! 便秘やダイエットでお悩みの方には特におすすめです。 ⇒⇒こちらからどうぞ ============================================================

標準
標準脂肪率(体脂肪率)
標準体重・・内蔵脂肪型肥満
5,000万個突破!デトックスダイエット★おうちでカンタン「カフェコロン」腸内洗浄
リンク
リンク集

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

標準体の種類 トップページへ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加